bounceHammer has been EOL'ed on February 29, 2016

製品ライフサイクルの終了

2010年3月にオープンソースソフトウェアとして公開して以来、多くのユーザ様・企業様にダウンロードし、 ご利用いただきましたbounceHammerは、2016年2月29日(月)を持ちまして製品ライフサイクルの終了(EOL: End Of Life) となりました。長きにわたりbounceHammerをご使用いただき誠に有り難う御座いました。 開発元では後継となるバウンスメール解析ライブラリとして、より高精度で高速なSisimai(シシマイ) を二条項BSDライセンスで公開しています。

Sisimai
商用サポート

  • 1一式導入・設定・保守・開発の補助
  • 2独自MTA用解析モジュールの開発
  • 3個別案件の対応とメールサポート
  • 4バウンス管理・運用コンサルティング
  • 5スポット解析・解析済みデータ提供

バウンスメールとは何か?

 

バウンスメールとは

バウンスメールとは、配信したメール・配信しようとしたメールがなんらかのエラーによって 送信者に差し戻されたメールの事を指してそう呼びます。 他にエラーメールリターンメール不達メール等で表記されることもあります。

バウンスメールは、差戻理由 に列挙した理由で、送信者が MAILER-DAEMONPostmaster として返ってきます。

バウンスメールの特徴

 

バウンスメールは、Subjectヘッダ(件名)やFromヘッダ(差出人)に 特徴があり、おおまかに言って数種類のうちのどれか、あるいは似たような表記になっています。

バウンスメールのSubjectヘッダ

バウンスメールは送信者のメールサーバまたは宛先のメールサーバのメールサーバソフトウェア (Sendmail, Postfix, qmail等)が自動で作成するので、メールのSubjectは次のようなものになっています。


  • Returned mail: see transcript for details
  • Mail System Error - Returned Mail
  • Non Delivery Notification
  • DELIVERY FAILURE: ...
  • Undelivered Mail Returned to Sender
  • Postmaster notify: see transcript for details
  • Delivery Status Notification (Failure)
  • Warning: could not send message for past 4 hour
  • failure notice

バウンスメールのSubjectは、メールサーバソフトウェア毎にいくつかの種類がありますが、 だいたいどれも配信エラーであることが分かるような内容になっています。 また、一部の日本語化されたメールサーバソフトウェアが作るバウンスメールを除いて、 バウンスメールはSubjectも本文も英語で書かれています。

バウンスメールのFromヘッダ

バウンスメールは、送信者の会社・組織・プロバイダのメールサーバ、 または宛先のメールサーバで動くSendmail, Postfix, qmail等のメールサーバソフトウェアが作りますが、 From:ヘッダはどれも共通していて、メールアドレス部分や名前の部分は下記のような名称を名乗っています。

  • MAILER-DAEMON
  • MAILER-DAEMON@送信メールサーバのホスト名
  • MAILER-DAEMON@宛先メールサーバのホスト名
  • Postmaster
  • Postmaster@送信メールサーバのホスト名
  • Postmaster@宛先メールサーバのホスト名
  • Mail Delivery Subsystem
  • Mail Delivery System
  • Mail Administrator

バウンスメールの本文

バウンスメールの本文は、同じくメールサーバソフトウェアによって、 またそのエラー内容によって様々な文章が書かれています。

Sendmail, Postfix, qmail等の著名なメールサーバソフトウェアを中心として原則英語で書かれていますが、 一部の日本語化されたメールサーバソフトウェアから返ってくるバウンスメールの中には、 日本語で分かりやすくエラーの理由が書かれているものもあります。


bounceHammerの仕事

bounceHammerは、バウンスメールのヘッダ部分や本文を解析して、 それがバウンスメールである事、なぜ配信エラーになったのか、 を読み取ります。 バウンスメールの本文では、書かれているエラーメッセージもそうですが、 下記のヘッダが特に重要になります。

  • Status: 5.1.1 ←数字はいろいろ
  • Diagnostic-Code: ... ←エラーメッセージ・SMTPサーバの応答など

bounceHammerはバウンスメールの内容を解析し、 エラーになった理由・メールアドレス・時刻・分類名などを抽出するシステムです。 システムの詳細は bounceHammerとは何か? をご覧ください。