bounceHammer has been EOL'ed on February 29, 2016

製品ライフサイクルの終了

2010年3月にオープンソースソフトウェアとして公開して以来、多くのユーザ様・企業様にダウンロードし、 ご利用いただきましたbounceHammerは、2016年2月29日(月)を持ちまして製品ライフサイクルの終了(EOL: End Of Life) となりました。長きにわたりbounceHammerをご使用いただき誠に有り難う御座いました。 開発元では後継となるバウンスメール解析ライブラリとして、より高精度で高速なSisimai(シシマイ) を二条項BSDライセンスで公開しています。

Sisimai
商用サポート

  • 1一式導入・設定・保守・開発の補助
  • 2独自MTA用解析モジュールの開発
  • 3個別案件の対応とメールサポート
  • 4バウンス管理・運用コンサルティング
  • 5スポット解析・解析済みデータ提供

bounceHammerとは何か?

オープンソスースソフトウェア'bounceHammer'とは

bounceHammer == バウンスメール解析システム

bounceHammer(バウンスハンマー)とは、エラーで差し戻された電子メール (バウンスメール・エラーメール)を解析し、エラー理由の特定や宛先の分類を行う フリーのバウンスメール解析システムです。


bounceHammerオープンソースにて提供されています。

構造化された形式(YAML/JSON)で出力

bounceHammerは、その解析結果を再利用しやすい形式(YAML/JSON)でデータ化し、 データベースへ蓄積を行います。

蓄積されたデータは指定条件での検索や抽出が出来、その結果は別のプログラムで 処理しやすいYAML/JSON形式(一部のコマンドはCSV形式も対応)で得る事が可能です。


UNIX互換OSおよびLinuxにて動作します。

バウンスメールがあればOK

bounceHammerバウンスメール解析専用のシステムですので、 返ってきたバウンスメール・エラーメールがあれば、 既存のメール配信システムをそのまま使用しながらバウンスの解析が可能です。


bounceHammerは何の役に立つのか

 

bounceHammerは、メール配信エラー(日本国内の携帯電話宛にも対応しています) を分かりやすくするという点において役立てると自負しています。

端的に言えば文章といくつかの項目で構成された多種多様なバウンスメールの内容を、 再利用可能な形式に構造化(YAML/JSON)して出力します。 構造化されたデータはそのままでは読みにくいですが、それを読み込みそして加工する事によって、 下記のような利点が得られます。

既存の配信システムがそのまま使える

メールサーバや手元のPCに残っている過去のバウンスメールも含めて、 バウンスメールさえあれば bounceHammerがそれを解析してデータ化しますので、 Sendmail, Postfix, qmail, Exim, Courier-MTA等一般的なオープンソースのMTAで構成された 既存の配信システムを運用しながらバウンスメール解析の環境が得られます。

bouncehammerを設置したネットワーク構成例


構造化された形式で永続的に記録

解析したバウンスメールの内容はYAML形式のファイルに保存し、更にデータベースにも記録します。 解析結果のファイルを保存しておけば、万が一データベースが壊れたりデータが消失しても ファイル内容から復元が可能です。

また、データベースに記録されているデータを 専用のコマンド でダンプしたファイル(YAML)は、別のデータベース(MySQLからPostgreSQLへ等)に持って行く事も容易です。

YAML/JSONが読める言語ならなんでもOK

YAML形式で記録され、YAML/JSON/CSVでそれらを出力できるので、 PerlをはじめPython,Ruby,PHP等各言語のそれぞれの形式を読むライブラリを使う事によって、 運営しているWebサイトや配信システムのプログラムに組み込む形でのアドレス照合も可能です。

配信エラーになったアドレス・配信エラーになった理由がわかる

配信エラーで戻ってきたバウンスメールは様々な形式があり、 都度内容を見てなんのエラーかを確認するのは面倒な作業です。 bounceHammer配信エラーになったメールアドレス配信エラーになった理由を特定し、分類しますので、 メール配信直前やメールアドレス整理の段階で bounceHammerが作った記録と照合するだけでメールアドレスの状態管理が可能になります。

bounceHammerは誰の役に立つのか

 

bounceHammerは、次に列挙する環境およびユーザにとって非常に有用なシステムです。 また、日本国内の携帯電話(NTT DoCoMo, au by KDDI, SoftBank Mobile)が返すバウンスメールも 解析しエラー理由を特定できるようになっていますので、携帯電話コンテンツプロバイダにも最適です。

メール配信をする全てのユーザ

bounceHammerはバウンスメール・エラーメールの解析専用システムですので、 極端に言えば配信量の大小にかかわらず電子メールを送信する全てのユーザの役に立ちます。 その中でも下記に該当するユーザには特に役立つシステムです。


  • バウンスメール(配信エラー・エラーメール)が多数発生するメールサーバおよびその管理者
  • 比較的多くメールを配信する携帯電話コンテンツプロバイダ(携帯電話・スマートフォン・PC問わず)
  • メールマガジンスタンドやメール配信サービスの運営者・サーバ管理者
  • メール不達をWebサイト上に登録済みのユーザ情報に反映させたいサイト管理者
  • とりあえずWebサイトに登録済みユーザのメールアドレスの整理整頓をしたい方

MTA管理者

bounceHammerはコマンドラインツールで全て操作が可能なように作られています。 それぞれのコマンドラインツールは標準入力からデータを得る事ができますし、 バッチ処理用オプションを使ってcrontab等で処理の自動化も設定しやすくなっています。


サイト管理者

bounceHammerのWebUI(管理画面)はブラウザで動作するインターフェイスです。

例えばWebサイトのユーザからメールが来ない等の問合せを受けた場合に、 そのユーザのメールアドレスをWebUIで検索して状態を確認したり、 bounceHammerが提供する多くの機能をブラウザから実行する事が出来ますし、 ブラウザで見る事による視覚的な利点もあります。