bounceHammer has been EOL'ed on February 29, 2016

製品ライフサイクルの終了

2010年3月にオープンソースソフトウェアとして公開して以来、多くのユーザ様・企業様にダウンロードし、 ご利用いただきましたbounceHammerは、2016年2月29日(月)を持ちまして製品ライフサイクルの終了(EOL: End Of Life) となりました。長きにわたりbounceHammerをご使用いただき誠に有り難う御座いました。 開発元では後継となるバウンスメール解析ライブラリとして、より高精度で高速なSisimai(シシマイ) を二条項BSDライセンスで公開しています。

Sisimai
商用サポート

  • 1一式導入・設定・保守・開発の補助
  • 2独自MTA用解析モジュールの開発
  • 3個別案件の対応とメールサポート
  • 4バウンス管理・運用コンサルティング
  • 5スポット解析・解析済みデータ提供

bounceHammerのマニュアル

bounceHammerのインストールガイド・マニュアルなどの文書

bounceHammer の動作環境

bounceHammerはOpenBSD, FreeBSD, NetBSD等のBSD系OSおよびLinuxにて 動作します。概ねどのようなUNIX系OSでも動作するよう設計していますが、動作 環境の詳細は、下記リンク先にて確認して下さい。


  1. Perlのバージョン
  2. Perlモジュール
  3. Webサーバ
  4. 動作確認済のOS
  5. 対応データベース

bounceHammer のインストール

bounceHammerのインストールはApacheやPostgreSQLなどの一般的な サーバアプリケーションと同様にconfigureスクリプトとmake を使って構築します。

システム自体はPerlで書かれていますので、いくつかのPerlモジュールを別途 インストールする必要があります。 構築の順序と手順は下記のリンクを参考にしてください。

  1. アーカイブの入手 | bounceHammerのTAR玉の入手と展開
  2. 必要なPerlモジュール | bounceHammerが必要とするモジュールを入れる
  3. ./configure | 構築の準備
  4. make && make install | 構築とインストール
  5. データベースの準備 | データ蓄積用DBの準備
  6. ディレクトリ構造 | インストール直後のディレクトリ構造の確認

bounceHammerの設定ファイル作成

bounceHammerをmake installでインストールした後は、 設定ファイルの準備と編集を行ってください。

設定の順序と方法は次のリンクを参考にしてください。


  1. bouncehammer.cf | 基本設定ファイルの作成
  2. webui.cf | WebUI(ブラウザベースの管理画面)設定ファイルの作成
  3. neighbor-domains | 別分類したいドメインの定義ファイルの作成
  4. available-countries | 国別のドメイン分類と特殊なMTAの定義ファイルの作成

bounceHammerの設定と運用準備

bounceHammerの設定ファイルが作成できたら、運用に必要なスクリプトの設置や データの登録などを行ってください。

設定の順序と方法は次のリンクを参考にしてください。


  1. 管理画面(WebUI)の準備
  2. HTTP-APIの準備
  3. 管理対象となるドメインの登録
  4. /etc/crontabで定期的に動かす
  5. bounceHammerのアンインストール

bounceHammerの機能

bounceHammerの機能、データ構造、処理の流れ等についてその概要を説明します。

サーバ管理者向けにはコマンドラインツールを、サイト管理者向けにはWebUI(GUIの管理画面)を、 そして開発者向けにはHTTPベースのAPIをそれぞれ用意しています。


bounceHammerの各コマンドラインツール

bounceHammerをインストールするとbin/ディレクトリ以下に配置される コマンドラインツールについて説明します。

解析そのものを行うコマンドや、解析結果を集積するコマンド、蓄積したデータを操作する コマンドなどがあります。

  • mailboxparser | バウンスメールを解析してYAML/JSONで出力
  • logger | 解析したデータ(YAML)を日付別に集積する
  • databasectl | 解析したデータ(YAML)をデータベースへ登録・更新
  • datadumper | データベースに蓄積したバウンス記録をYAML/JSON/CSVで出力
  • summarizer | 解析したバウンス記録の簡易統計を出力する
  • tablectl | データベースのマスタデータを操作(登録・更新・削除)
  • messagetoken | 発信者アドレスと受信者アドレスから一意の文字列(token)を生成

bounceHammerにおけるデータの分類

bounceHammerが解析したバウンスメールは、その内容に応じて 宛先やエラー理由を分類します。これらの分類は、蓄積したデータを整理したり、 検索条件として使用するのに役立ちます。


  • Host Group(6) | 宛先分類(PC,Webmail,携帯電話等大きな分類)
  • Provider(14+) | 宛先所属(Gmail,Yahoo!等の著名な宛先ドメイン・組織による小分類)
  • Reason(19) | バウンスした理由(エラー理由)による分類

bounceHammerのWebUI(管理画面)

サイト管理者向けに、ブラウザからバウンスしたメールアドレスを検索したり、 データの登録が可能なWebUI(管理画面)を用意しています。

コマンドラインツールに比べて操作出来る範囲を限定していますので、 Linux/UNIXやデータベースの知識がなくともバウンスした記録の管理が可能です。

  1. ダッシュボード | 最初の画面: 昨日と今日のバウンスした件数等が表示されます
  2. 検索フォーム | 検索画面: 宛先メールアドレスでの検索やエラー理由・分類による絞り込み
  3. 検索結果 | 検索結果: 検索して表示されたデータの見方
  4. 登録済データの概要 | バウンス記録やマスタデータの概要
  5. 項目別データ集約 | データベースのバウンス記録を分類項目によって集約
  6. マスターテーブルの編集 | 管理対象の発信者ドメイン等マスタデータを編集
  7. 日々の更新記録 | 日々のバウンス数などを表とグラフで表示
  8. メールの解析テスト | フォームからアップロードしてバウンスメールを解析

bounceHammerのHTTP-API

開発者向けにHTTPベースのAPIを用意しています。サイトのプログラムやメール配信プログラム にバウンスの照合機能を組み込む際に、JSONで得られるデータを使用する事が出来ます。


  • SELECT | メッセージトークンまたはIDで一件のデータを取得
  • SEARCH | 項目を指定して該当するデータを取得