bounceHammer has been EOL'ed on February 29, 2016

製品ライフサイクルの終了

2010年3月にオープンソースソフトウェアとして公開して以来、多くのユーザ様・企業様にダウンロードし、 ご利用いただきましたbounceHammerは、2016年2月29日(月)を持ちまして製品ライフサイクルの終了(EOL: End Of Life) となりました。長きにわたりbounceHammerをご使用いただき誠に有り難う御座いました。 開発元では後継となるバウンスメール解析ライブラリとして、より高精度で高速なSisimai(シシマイ) を二条項BSDライセンスで公開しています。

11. 管理画面(WebUI)の準備

 

bounceHammerの管理画面(WebUI)の準備

bounceHammerのブラウザベースの管理画面 を使用する場合は、それようのCGIスクリプトを適当な位置にコピーして下さい。 単一のファイルを任意の名前でコピーし、実行パーミッションを付けるだけの作業です。

ここでは、URL http://bouncehammer.example.jp/の ドキュメントルート/home/bouncehammer/public_htmlに、 CGIスクリプトをindex.cgiとして保存するものとします。

構築時に--disable-webuiを指定した場合は、 このページの作業は不要ですので読み飛ばしてください。

bouncehammer.cgiの準備

CGIの実行に必要なウェブサーバの設定は別途行ってください。 bouncehammer.cgiはドキュメントルートに対して何かを書き出す事をしませんので、 不要な書き込み権限を付ける必要はありません。 CGIスクリプトを適当な名前で任意の位置に設置するだけです。

一つのファイルを置くだけですので、わざわざ専用のディレクトリを作成せずとも、 ApacheのScriptAliasで定義されるディレクトリに設置してもよいでしょう。

# cd /usr/local/bouncehammer/share/script
# cp bouncehammer.cgi /home/bouncehammer/public_html/index.cgi
# chmod a+x /home/bouncehammer/public_html/index.cgi

想定したURLを開いて、画面が出てきたら管理画面(WebUI)の準備は完了です。

アクセス制限について

bounceHammerの管理画面(WebUI)は認証する機能を持っていません。 管理画面ページへのアクセスを制限したい場合は、適宜BASIC認証を設けるか、 あるいは.htaccessやhttpd.confによって接続可能なIPアドレス・ネットワークを 定義してください。

bounceHammerのHTTPベースのAPIを使用する場合は、 HTTP-APIの準備 へ進んでください。

mod_perl2で動かす

bounceHammer 2.2.0からmod_perl2でも動作するようになりました。 mod_perl2は別途インストールしてください。

設定のサンプルファイルとしてbounceHammerを インストールしたディレクトリ/etc/httpd.conf-exampleがありますので参考にしてください。