bounceHammer has been EOL'ed on February 29, 2016

製品ライフサイクルの終了

2010年3月にオープンソースソフトウェアとして公開して以来、多くのユーザ様・企業様にダウンロードし、 ご利用いただきましたbounceHammerは、2016年2月29日(月)を持ちまして製品ライフサイクルの終了(EOL: End Of Life) となりました。長きにわたりbounceHammerをご使用いただき誠に有り難う御座いました。 開発元では後継となるバウンスメール解析ライブラリとして、より高精度で高速なSisimai(シシマイ) を二条項BSDライセンスで公開しています。

9. neighbor-domains作成(ドメイン定義)

 

bounceHammerの宛先所属ドメイン定義ファイル

メール解析器(mailboxparser) がバウンスメールをデータ化する際に、エラーとなった宛先メールアドレスが 自社・自組織が保有しているドメイン名を含む場合、 独自の宛先所属(Provider,小分類) に入れたい場合は'neighbor-domains'を作成してください。

インストール時にサンプルの設定ファイルがインストール先ディレクトリ/etc 以下にコピーされているので、それを元に作成し、宛先所属名(Provider,小分類名) とそれに属するドメイン名を列挙します。

Host Group(宛先分類)neighborになります。 このファイルは作成しなくてもbounceHammerは動作しますので 不要な場合はこのページを読み飛ばしてください。

neighbor-domainsの作成

設定ファイル 'neighbor-domains' も他の設定ファイルと同様にYAMLフォーマットです。 YAMLフォーマットとして無効な記述をした場合はbounceHammerが 正しく動作できませんのでご注意下さい。

ここでは、自社で運営しているウェブサイトのドメイン 'sns.example.jp, bbs.example.net, blog.example.org' を宛先所属名(Provider,小分類) ' oursite' に、 子会社やグループ会社のドメイン' example.com, example.co.jp' を宛先所属名 'ourcompany'に、それぞれ分類するための定義を行います。

# cd /usr/local/bouncehammer/etc
# /bin/cp neighbor-domains-example neighbor-domains
# vi neighbor-domains
 
oursite: [ 'sns.example.jp', 'bbs.example.net', 'blog.example.org' ]
ourcompany: [ 'example.com', 'example.co.jp' ]

bounceHammerがシステムレベルで定義している特定の分類名 (WebMailやCellphone)等に該当しなかった場合は、全てPC に分類されます。 大量のデータが蓄積されてきてなおかつ自分たちに関係している宛先だけ別の分類項目/所属に 入れた状態で記録したい場合は、この設定ファイルが有効です。

続いて国別ドメインの分類設定の為に available-countries へ進んでください。