bounceHammer has been EOL'ed on February 29, 2016

製品ライフサイクルの終了

2010年3月にオープンソースソフトウェアとして公開して以来、多くのユーザ様・企業様にダウンロードし、 ご利用いただきましたbounceHammerは、2016年2月29日(月)を持ちまして製品ライフサイクルの終了(EOL: End Of Life) となりました。長きにわたりbounceHammerをご使用いただき誠に有り難う御座いました。 開発元では後継となるバウンスメール解析ライブラリとして、より高精度で高速なSisimai(シシマイ) を二条項BSDライセンスで公開しています。

Sisimai
商用サポート

  • 1一式導入・設定・保守・開発の補助
  • 2独自MTA用解析モジュールの開発
  • 3個別案件の対応とメールサポート
  • 4バウンス管理・運用コンサルティング
  • 5スポット解析・解析済みデータ提供

使用している用語

bounceHammerで使用している用語の一覧です

用語について

bounceHammerのシステム全体(ソースコード、コマンドのヘルプ等)と、 このウェブサイト で登場する用語について説明します。

同じ意味でも複数の表現を使っているところもありますので、 言葉で不明な点があったらこのページを確認してみてください。 まだまだ内容が少ないですが、順次追加していく予定です。

用語の一覧/A-Z

 

Bounce - バウンス
後述の'バウンスメール'が発生する事を差します。
例) 送ったメールがエラーでバウンスしてきた。
bounceHammer
'バウンスハンマー'と発音します。 フリーで利用できるオープンソースのバウンスメール解析システムの名称です。 エラーになった電子メールを金槌で叩き潰すという感じでこの名称になりました。
Bounce mail, Bounced eMail - バウンスメール
送信したメールがなんらかのエラーで送信した人に返ってきたメールを差します。 エラーメール、リターンメール、不達メールと表記されている こともあります。

多くの場合、宛先不明や送信先のサーバが止まってる等の理由で返ってくるメールです。 またバウンスメールの差出人は postmaster@宛先のドメインという メールアドレスである事が多く、Mail delivery subsystemMALER-DAEMON と名乗ってきます。 中身は概ね英語でエラーの内容が書かれています。

バウンスメールとは のページでもう少し詳しく解説しています。
Cubicroot Co. Ltd.
'キュービックルート'と発音します。 bounceHammerを開発した会社で、京都市中京区にあります。 会社のウェブサイトは http://cubicroot.jp/です。
Kanadzuchi
'かなづち'と発音します。 bounceHammerの中核であるエンジン部分の名称です。 http://bouncehammer.jp/ のサイトには殆ど出てきませんが、 bounceHammerのソースコード内やコマンドのヘルプ等所々出てきます。 bounceHammerとほぼ同義です。
MAILER-DAEMON
'メーラーデーモン'と発音します。 バウンスメールの差出人としてよく登場します。 バウンスメール自体は、MAILER-DAEMON という人が英語で文章を書いているのではなく、 メールサーバのソフトウェアが自動で作成して差出人に送信しています。
Message Token
'メッセージトークン'と発音します。 bounceHammerがバウンスの記録をそれぞれ識別するための文字列です。 発信者アドレスと受信者アドレスの組み合わせから生成したMD5のハッシュ値です。
WebUI
'うぇぶゆーあい'と発音します。 Web User Interfaceの事で、bounceHammerのデータ検索等ができる ブラウザベースの管理画面を指します。 単に管理画面と表記しているところもあります。 英語版ではControl Panelと表記している事もあります。
YAML
'やむる'と(おそらく)発音します。 bounceHammerが出力するデータの標準形式です。 XMLよりも記述量が少なく、また目視で分かりやすいという利点があります。 YAMLについては、 The Official YAML Web Site[英語] または、 YAML - Wikipedia[日本語] をご覧ください。

用語の一覧/あ-ん

 

宛先所属
バウンスメールの元々の宛先を後述の'HostGroup'よりも細かく分類するためのものです。 電子メールアドレスを提供する企業、サービスのうち、世界的に見てユーザ数の多いもの のみを扱います。 宛先小分類プロバイダとも表記します。 bounceHammerのシステム内ではProviderと表記されます。 分類の一覧は、 Provider - 宛先所属(小分類) をご覧ください。
宛先分類
バウンスメールの元々の宛先をおおまかに分類するためのものです。 おおまかな分類ですので、webmail, PC, cellphone等分類数は少なめです。 bounceHammerのシステム内ではHost Groupと表記されます。 ホストグループと書かれている事もあります。 分類の一覧は、 Host Group - 宛先分類 をご覧ください。
差戻理由
送った電子メールがエラーで返ってきた理由をさします。 エラー理由またはバウンス理由とも表記する事があります。 bounceHammerのシステム内ではReasonと表記されます。 理由の一覧は、 Reason - 差戻理由 をご覧ください。
受信者アドレス
メールの受信者・宛先・受け取る人・Toの電子メールをアドレスです。 bounceHammerのシステム内ではRecipientと表記されます。
受信者ドメイン
前述の受信者アドレスのドメイン部分(@の右側)です。 bounceHammerのシステム内ではDestinationと表記されます。
発信者アドレス
メールの発信者・差出人・送信した人・Fromの電子メールをアドレスです。 bounceHammerのシステム内ではAddresserと表記されます。
発信者ドメイン
前述の発信者アドレスのドメイン部分(@の右側)です。 bounceHammerのシステム内ではSenderDomainと表記されます。