bounceHammer has been EOL'ed on February 29, 2016

製品ライフサイクルの終了

2010年3月にオープンソースソフトウェアとして公開して以来、多くのユーザ様・企業様にダウンロードし、 ご利用いただきましたbounceHammerは、2016年2月29日(月)を持ちまして製品ライフサイクルの終了(EOL: End Of Life) となりました。長きにわたりbounceHammerをご使用いただき誠に有り難う御座いました。 開発元では後継となるバウンスメール解析ライブラリとして、より高精度で高速なSisimai(シシマイ) を二条項BSDライセンスで公開しています。

Sisimai
商用サポート

  • 1一式導入・設定・保守・開発の補助
  • 2独自MTA用解析モジュールの開発
  • 3個別案件の対応とメールサポート
  • 4バウンス管理・運用コンサルティング
  • 5スポット解析・解析済みデータ提供

WebUI/検索結果

 

検索結果

bounceHammerのWebUI/Search Results(検索結果)は、 全てのバウンス記録または指定した検索条件に合致する記録のみを表示します。 検索結果はページ分割され、それぞれの記録は発信者アドレス、 宛先アドレス、バウンスした日時、バウンス回数、バウンス理由 の重要な情報のみで表示されます。

表示されている各バウンス記録の右下にある詳細ボタンを押すと、 既に表示されている情報に加えてエラー内容の具体的なメッセージなど 更に詳細なバウンスに関する情報が表示されます。

更新と削除

詳細な情報画面では、バウンスした理由・宛先分類(Host Group)の変更ができます。 またデータの削除も行う事が可能です。

バウンス理由を変更する理由 - ホワイトリスト指定

例えば、サイトの管理者がユーザから「メールが来ない」という問合せを受けて、 そのユーザのメールアドレスを検索したとします。

日本の携帯電話であればよくあるドメイン指定拒否でバウンスした事が 検索からわかりました。 配信プログラムまたはメールサーバはbounceHammerのデータベースを参照して 宛先不明やドメイン指定拒否でエラーになった宛先には配信しない(除外している) と言う場合、このフォームでバウンス理由を変更してください。

bounceHammerには、そういった場合に使う専用のエラー理由が用意されています。 Whitelisted / ホワイトリスト指定済です。 問合せをしてきたユーザのメールアドレスで検索した結果の画面で、 このホワイトリスト指定を選択して更新ボタンを押すと、 データベース上にあるそのユーザ宛のバウンス記録はホワイトリスト指定の状態になります。

このように更新する事によって、配信プログラムやメールサーバが宛先不明や ドメイン指定拒否でバウンスした宛先アドレスを除外する事から逃れられ (勿論配信プログラムやメールサーバ側でホワイトリスト指定になっている 宛先アドレスを抽出しないようにしておく必要があります)ます。

何度も何度もドメイン指定拒否 - 不安定な受信者

中には上記のように、ドメイン指定拒否→問合せ→ホワイトリスト指定→配信できた→ しばらくしてまたドメイン指定拒否→配信→バウンス→問合せ→ ...と同じ事を繰り返すケースもあるでしょう。

bounceHammerは実際にサイト管理している現場の意見を反映しています。 選択できるバウンス理由の中にUnstable / 不安定な受信者という項目があります。 配信できたりバウンスしてきたりと、配信状況が不安定な宛先アドレスを この項目に分類しておくと、何か問題の発生した時にわかりやすいかもしれません。

削除について

前述の用に、ホワイトリスト指定や不安定な受信者を選択して、 次回の配信時に除外されないようにするという方法の他に、 バウンス記録そのものを削除するという方法もあります。

bounceHammerの基本的な方針は、 なるべく記録を残すというものですが、 管理コストなどの問題で記録を削除してしまってもよいでしょう。 各サイトの管理方針に合った処理をしてください。

コマンドラインツールでは

lWebUI/Search Resultsに相当するコマンドラインツールは、 bin/datadumper コマンドで得られる検索結果と、 bin/databasectl コマンドで実行できるデータの更新と削除です。