bounceHammer has been EOL'ed on February 29, 2016

製品ライフサイクルの終了

2010年3月にオープンソースソフトウェアとして公開して以来、多くのユーザ様・企業様にダウンロードし、 ご利用いただきましたbounceHammerは、2016年2月29日(月)を持ちまして製品ライフサイクルの終了(EOL: End Of Life) となりました。長きにわたりbounceHammerをご使用いただき誠に有り難う御座いました。 開発元では後継となるバウンスメール解析ライブラリとして、より高精度で高速なSisimai(シシマイ) を二条項BSDライセンスで公開しています。

WebUI/検索フォーム

 

検索フォーム

bounceHammerのWebUI/Searchは、宛先メールアドレスをフォームに入力すると、 そのメールアドレスがデータベースに記録されているかどうかを検索し、 記録が存在すればそのバウンス記録を表示します。

フォームに何も入れずに検索ボタンを押すと、データベースに存在する全てのバウンス記録が表示されます。

検索条件の追加

宛先メールアドレス入力欄のすぐ下にある検索条件を追加をクリックすれば、 更に細かい条件を指定してバウンス記録の検索ができます。 例えば直近の一年以内に携帯電話宛で宛先不明によってバウンスした記録だけを表示させる といった使い方があります。

コマンドラインツールでは

WebUI/Searchに相当する機能は、 bin/datadumper コマンドにあります。