bounceHammer has been EOL'ed on February 29, 2016

製品ライフサイクルの終了

2010年3月にオープンソースソフトウェアとして公開して以来、多くのユーザ様・企業様にダウンロードし、 ご利用いただきましたbounceHammerは、2016年2月29日(月)を持ちまして製品ライフサイクルの終了(EOL: End Of Life) となりました。長きにわたりbounceHammerをご使用いただき誠に有り難う御座いました。 開発元では後継となるバウンスメール解析ライブラリとして、より高精度で高速なSisimai(シシマイ) を二条項BSDライセンスで公開しています。

WebUI/マスターテーブルの編集

 

マスターテーブルの編集

bounceHammerのWebUI/Mastertables(マスターテーブル編集)は、 データベースに保存されている発信者アドレス(Addresser)・ 発信者ドメイン(Sender Domain)・宛先ドメイン(Destination)・ 差戻理由(バウンス理由)・宛先分類(Host Group)・宛先所属(Provider)の内容を 参照したり編集する事が出来ます。

webui.cfで制限できる事

設定ファイルwebui.cfでは、WebUIからマスターテーブルのデータ編集 (新規作成・更新・削除)に制限を加える事が出来ます。 制限は読取専用に指定するという簡易なものですが、 ブラウザから不用意にデータの削除を行うと、整合性が壊れる事がありますので、 例えば不特定多数がブラウザでWebUI/管理画面を操作する環境においては、 各マスターテーブルを読取専用にしておくとよいでしょう。

読取専用指定

webui.cfで読取専用にしたマスターテーブルは、 WebUIからは参照のみで編集(新規作成・更新・削除)ができなくなります。 しかし、コマンドラインツールからの同様の操作には影響を受けません。

コマンドラインツールでは

WebUI/Mastertablesに相当する機能は、 bin/tablectl コマンドで同様の操作ができます。