bounceHammer has been EOL'ed on February 29, 2016

製品ライフサイクルの終了

2010年3月にオープンソースソフトウェアとして公開して以来、多くのユーザ様・企業様にダウンロードし、 ご利用いただきましたbounceHammerは、2016年2月29日(月)を持ちまして製品ライフサイクルの終了(EOL: End Of Life) となりました。長きにわたりbounceHammerをご使用いただき誠に有り難う御座いました。 開発元では後継となるバウンスメール解析ライブラリとして、より高精度で高速なSisimai(シシマイ) を二条項BSDライセンスで公開しています。

WebUI/項目別データ集約

 

項目別データ集約

bounceHammerのWebUI/Aggregated By(項目別データ集約)は、 データベースに保存されているバウンス記録を、 発信者アドレス(Addresser)・発信者ドメイン(Sender Domain)・ 宛先ドメイン(Destination)・差戻理由(バウンス理由)・ 宛先分類(Host Group)・宛先所属(Provider)で集約した結果を数値と 簡易な棒グラフで表示します。

コマンドラインツールでは

WebUI/Aggregated Byで表示される集約済データは、コマンドラインツールでは bin/summarizer でも得られます。summarizerコマンドで集約した場合も非常に簡易ではありますが、 テキストによるグラフが表示されます。