bounceHammer has been EOL'ed on February 29, 2016

製品ライフサイクルの終了

2010年3月にオープンソースソフトウェアとして公開して以来、多くのユーザ様・企業様にダウンロードし、 ご利用いただきましたbounceHammerは、2016年2月29日(月)を持ちまして製品ライフサイクルの終了(EOL: End Of Life) となりました。長きにわたりbounceHammerをご使用いただき誠に有り難う御座いました。 開発元では後継となるバウンスメール解析ライブラリとして、より高精度で高速なSisimai(シシマイ) を二条項BSDライセンスで公開しています。

Sisimai
商用サポート

  • 1一式導入・設定・保守・開発の補助
  • 2独自MTA用解析モジュールの開発
  • 3個別案件の対応とメールサポート
  • 4バウンス管理・運用コンサルティング
  • 5スポット解析・解析済みデータ提供

bounceHammerのWebUI(管理画面)

 

WebUIって?

bounceHammerのWebUI(管理画面)は、 コマンドラインツール で出来る事のうち、主要なものをブラウザで参照・実行するための環境です。


例えばサイト管理者(非エンジニア)であれば、サーバにログインしてコマンドラインツールを 使用してデータを得るよりは、ブラウザで操作を行う方が簡単にメールアドレスやバウンス記録の管理が できるでしょう。

尤も、エンジニアであっても内容の参照や簡単な操作であればbounceHammer のWebUIを使用する方が管理コストがかからないかもしれません。

WebUIを実行する環境については、 動作環境/Webサーバ をご覧ください。


WebUIの特徴

視覚的に優れたインターフェイス

必要最低限の機能と表示だけのコマンドラインツールと比較して、 WebUIはブラウザの能力を最大限に使っていますので、視覚的に把握しやすい・ 簡易であるという特徴を備えています。

主要なブラウザでの管理が可能

Firefox, Safari, Opera, Chrome, Internet Explorer(一部機能を除く) などの主要なブラウザで動作しますので、概ねどのような端末でも バウンスメールの管理状況が把握できます。

日本語と英語に対応

コマンドラインツールは英語のみで表示されますが、 WebUIは日本語にも対応しています。 現在は日本語と英語(English)の二言語に対応しています。

Webならではの見やすさ

WebUIはコマンドラインツールで出来る事のうち主要なものを ブラウザで実行するための環境ですが、バウンス記録の変化など 時系列にしたがってグラフを表示(Internet Explorer非対応)しますので、 データの参照はコマンドラインツールよりも視覚的に把握しやすいかもしれません。

WebUIの機能別解説ページ

下記のリンク先ページにて、WebUIの主要な機能の画面解説がご覧頂けます。

  1. ダッシュボード - ブラウザで開いた時の最初の画面
  2. 検索フォーム - バウンス記録を検索するための画面
  3. 検索結果 - バウンス記録の検索結果と内容の更新・記録の削除
  4. 登録済データの概要 - 登録されているバウンス記録などの数値と簡易グラフで表示した概要
  5. 項目別データの集約 - 主要な項目で集約したバウンス記録の参照
  6. マスターテーブル編集 - 発信者ドメインなどの参照と編集
  7. 日々の更新記録/Daily Updates - 解析・更新したバウンス記録の数値とグラフによる参照
  8. メール解析テスト - ブラウザで実行できるバウンスメール解析