bounceHammer has been EOL'ed on February 29, 2016

製品ライフサイクルの終了

2010年3月にオープンソースソフトウェアとして公開して以来、多くのユーザ様・企業様にダウンロードし、 ご利用いただきましたbounceHammerは、2016年2月29日(月)を持ちまして製品ライフサイクルの終了(EOL: End Of Life) となりました。長きにわたりbounceHammerをご使用いただき誠に有り難う御座いました。 開発元では後継となるバウンスメール解析ライブラリとして、より高精度で高速なSisimai(シシマイ) を二条項BSDライセンスで公開しています。

HTTP-API/SEARCH

複数件の記録を取得するAPI

search - 指定項目と値でデータを取得する

API(search)は、bounceHammer 2.4.0から実装された、 指定項目と値に該当するデータを取得するものです。 この機能の用途は、特定の宛先メールアドレスや差戻理由に該当するデータを得たい場合に使用します。

大量アクセスがある場合は

一方、大量にメールを配信する際に個々のアドレスを bounceHammerに照会する、あるいは、一日一回サイトのデータベースにある メールアドレスとbounceHammerにあるそれらを照会する、という大量のアクセスが 発生する用途では、 datadumper コマンドで先に照合用データを取得しておいたほうが合理的かもしれません。

searchの使い方

指定項目と値でデータを取得するAPIのURLは、 http://bounceHammerのホスト/APIのCGIファイル名/search/項目名/値 という形式です。指定可能な項目名と有効な値の一覧は下記の通りです。

項目名 有効な値 補足
id 数値 IDで検索: select/数値と等価
token トークン トークンで検索: select/トークンと等価
addresser メールアドレス 発信者メールアドレスで検索
recipient メールアドレス 受信者(宛先)メールアドレスで検索
senderdomain ドメイン名 発信者アドレスのドメイン部分で検索
destination ドメイン名 受信者(宛先)アドレスのドメイン部分で検索
reason エラー理由の名前 差戻理由で検索
hostgroup 宛先分類の名前 宛先分類で検索
provider 宛先所属の名前 宛先所属(小分類)で検索

項目名:recipient,id,token以外でのデータ取得は、 一致するデータが大量にある場合、Webサーバのメモリを多く消費するかもしれません ので使用にはご注意下さい。