bounceHammer has been EOL'ed on February 29, 2016

製品ライフサイクルの終了

2010年3月にオープンソースソフトウェアとして公開して以来、多くのユーザ様・企業様にダウンロードし、 ご利用いただきましたbounceHammerは、2016年2月29日(月)を持ちまして製品ライフサイクルの終了(EOL: End Of Life) となりました。長きにわたりbounceHammerをご使用いただき誠に有り難う御座いました。 開発元では後継となるバウンスメール解析ライブラリとして、より高精度で高速なSisimai(シシマイ) を二条項BSDライセンスで公開しています。

bounceHammerのHTTPベースのAPI

 

bounceHammerのAPI

まだまだ低機能ではありますが、bounceHammerはHTTPベースのAPIを持っています。

bounceHammerの将来のバージョンで機能の拡充が予定されていますが、 2013年2月現在は検索結果を得るだけの読出し機能しかありません。


APIの目的・用途

APIの目的は、ネットワーク経由でbounceHammerが稼働するホストに対して データの要求と更新(未実装)を、機械的に行う事です。

例えば登録制のWebサイトなどで、ユーザがログインした画面に直近のメール配信結果に 基づいたユーザのメールアドレスの状態(お使いのアドレスは...的な表示)をするとよいでしょう。 APIはまだ低速な部分がありますので、大量配信時の短時間での照合には不適です。

認証機能はありません

APIもブラウザベースの管理画面(WebUI)と同様に認証機能を持っていませんので、 APIに対して不特定多数のアクセスが可能な環境である場合は、 リクエスト送信元のIPアドレスで制限するなどの対策を行ってください。