bounceHammer has been EOL'ed on February 29, 2016

製品ライフサイクルの終了

2010年3月にオープンソースソフトウェアとして公開して以来、多くのユーザ様・企業様にダウンロードし、 ご利用いただきましたbounceHammerは、2016年2月29日(月)を持ちまして製品ライフサイクルの終了(EOL: End Of Life) となりました。長きにわたりbounceHammerをご使用いただき誠に有り難う御座いました。 開発元では後継となるバウンスメール解析ライブラリとして、より高精度で高速なSisimai(シシマイ) を二条項BSDライセンスで公開しています。

Sisimai
商用サポート

  • 1一式導入・設定・保守・開発の補助
  • 2独自MTA用解析モジュールの開発
  • 3個別案件の対応とメールサポート
  • 4バウンス管理・運用コンサルティング
  • 5スポット解析・解析済みデータ提供

bounceHammerの処理の流れ

 

配信からバウンス解析、データの利用までの流れ

下記の図は、既存のネットワークにbounceHammerを組み込んだ際に、 メール配信→バウンスの発生→バウンスメールの解析→解析済みデータの蓄積→ データの利用の流れを示したものです。

解析済みデータをYAML/JSONパーサで読込む事でWebサイトや配信システムと連動できます。

配信から解析、データの蓄積と利用までの流れ図

bounceHammerをインストールしたからと言って上記の図のように 全ての機能を使う必要はありません。 例えば管理画面もHTTP-APIも使う必要がない場合は、インストール時にWeb関連モジュールを 入れずに済みますしWebサーバも起動しなくて済みます。

機能(コマンド)を中心とした処理の流れ

下記は、メールが配信され、それがバウンス(エラーで返ってくる)して、 bounceHammerがそれらを解析 (mailboxparser)し、 ログに記録(logger)し、 データベースに蓄積(databasectl)し、 そしてそのデータ化された内容を取り出す (管理画面/WebUI, datadumper) という流れを、コマンド中心に図解したものです。

機能を中心とした処理の流れ

最初の図と同じく、全ての機能・コマンドを使わなくてはならないという事はありません。 例えば解析をする、その実行結果のYAML(JSON)だけあればあとは要らないという場合は、 databasectl, tablectl, datadumper コマンドは不要ですし、データベースサーバを 設置する必要もありません。

bounceHammerを既存のネットワークに組み込む構成例

下記の図は、bounceHammerを既存のネットワークや配信システムに組み込む形で 設置した場合の構成例を示すネットワーク図です。

bounceHammerを設置したネットワーク構成例

上記の図ではデータベースは同じネットワーク内の別ホストになっていますが、 接続さえできれば遠くの別ネットワークにあるデータベースでもかまいませんし、 bounceHammerをインストールしたホストと同居してもかまいません。


上記の図における勘所は、次の二点です。

  • bounceHammerを設置したホストに何らかの手段(図ではscp,fetchmail)でバウンスメールを送る
  • bounceHammerを設置したホストから解析済みデータ(YAML,JSON)を利用したいホストに送る

bounceHammerはバウンスメールさえあればよいので、 図のようにバッチ処理でscpを使う以外にftp, rsync, SMTPなどで 転送してもよいですし、fetchmailやHTTPで取りに行ってもよいでしょう。 bounceHammerが解析した結果のYAML,JSONあるいはCSVを、 利用したいホストに転送する方法も同じように都合の良い手段を用いることができます。