bounceHammer has been EOL'ed on February 29, 2016

製品ライフサイクルの終了

2010年3月にオープンソースソフトウェアとして公開して以来、多くのユーザ様・企業様にダウンロードし、 ご利用いただきましたbounceHammerは、2016年2月29日(月)を持ちまして製品ライフサイクルの終了(EOL: End Of Life) となりました。長きにわたりbounceHammerをご使用いただき誠に有り難う御座いました。 開発元では後継となるバウンスメール解析ライブラリとして、より高精度で高速なSisimai(シシマイ) を二条項BSDライセンスで公開しています。

Sisimai
商用サポート

  • 1一式導入・設定・保守・開発の補助
  • 2独自MTA用解析モジュールの開発
  • 3個別案件の対応とメールサポート
  • 4バウンス管理・運用コンサルティング
  • 5スポット解析・解析済みデータ提供

messagetoken/トークンの生成

 

messagetoken - メッセージトークンの生成

bounceHammerのmessagetokenコマンドは、メッセージトークンを生成する目的で 使用します。

メッセージトークンとは、発信者アドレス(addresser)と受信者アドレス(recipient)の 組み合わせから生成した一意の文字列(MD5ハッシュ値)で、バウンス記録のIDに相当 する役割を持っています。

このコマンドはインストールしたディレクトリ/bin/messagetokenにあります。

コマンドの使用例

messagetokenは発信者アドレス(addresser)と受信者アドレス(recipient)を引数に与えて実行するだけです。



メッセージトークンを生成
$ messagetoken -a sender@example.jp -r recipient@example.org
75cda805dc105761e8db23305d845075
 
ヘルプを表示
$ messagetoken --help

利用可能なオプション

アドレス指定オプション

-a, --addresser 発信者アドレス
発信者アドレス(Addresser)を指定します。 アドレスに大文字を含めても無視(小文字に変換)されます。 このオプションは必須です。
-r, --recipient 受信者アドレス
受信者アドレス(Recipient)を指定します。 アドレスに大文字を含めても無視(小文字に変換)されます。 このオプションも必須です。

その他のオプション

-C, --conf 設定ファイル
読み込む設定ファイルを指定します。このオプションを使用しない場合、 インストール先/etc/bouncehammer.cfが使用されます。 複数の設定ファイルを処理毎に使い分ける場合などでは有用でしょう。
-T, --test
テストモードで動作します。通常は動作に必要な設定値を インストール先/etc/bouncehammer.cfから読出しますが、 このオプションを指定するとbouncehammer.cfが無くても動作します。 -C test-run.cf と等価です。
--silent (ver.2.1.0以降)
このオプションを付けると、次の-v, --verboseオプションの有無にかかわらず 冗長なメッセージおよびエラーの出力がなくなります。

また、コマンドをsendmail等のデーモンが実行した場合、エラーが起きても exit(0)=成功で終了します。--silentオプションを付けずに sendmail等MTAがコマンドを起動し、エラーが発生した場合は exit(75)=EX_TEMPFAILで終了します。
-v, --verbose
処理過程が冗長に表示されます。
--help
コマンドのヘルプが表示されます。
--version
バージョン番号が表示されます。

コマンド実行結果のスクリーンショットでの説明

messagetoken -vvvvv -a postmaster@example.jp -r user@example.com

下記のスクリーンショットは、発信者アドレス: postmaster@example.jp と 受信者アドレス: user@example.comの組み合わせからメッセージトークンを 生成するコマンドと出力内容の説明です。

代替手段

messagetokenコマンドを使用せずともprintfコマンドが使用できれば 同じ結果(メッセージトークン)を得る事が出来ます。

bounceHammerのメッセージトークンの構造は、 STX(テキスト開始)発信者アドレスRS(レコード分離標識)受信者アドレスETX(テキスト終了) を全て小文字で表記した文字列のMD5ハッシュ値です。

md5コマンドがない環境(Linux等)ではmd5sumを使用してください。

$ printf '\x02%s\x1e%s\x03' sender@example.jp recipient@example.org | \
> tr '[A-Z]' '[a-z]' | md5
75cda805dc105761e8db23305d845075 -