bounceHammer has been EOL'ed on February 29, 2016

製品ライフサイクルの終了

2010年3月にオープンソースソフトウェアとして公開して以来、多くのユーザ様・企業様にダウンロードし、 ご利用いただきましたbounceHammerは、2016年2月29日(月)を持ちまして製品ライフサイクルの終了(EOL: End Of Life) となりました。長きにわたりbounceHammerをご使用いただき誠に有り難う御座いました。 開発元では後継となるバウンスメール解析ライブラリとして、より高精度で高速なSisimai(シシマイ) を二条項BSDライセンスで公開しています。

Sisimai
商用サポート

  • 1一式導入・設定・保守・開発の補助
  • 2独自MTA用解析モジュールの開発
  • 3個別案件の対応とメールサポート
  • 4バウンス管理・運用コンサルティング
  • 5スポット解析・解析済みデータ提供

datadumper/DBに蓄積したデータの出力

 

datadumper - バウンス記録のデータを出力

datadumperコマンドは、bounceHammerデータベースのバウンス記録テーブル (BounceLogs)の読出し専用コマンドです。 複雑な条件指定はできませんが、ある程度の条件を指定してそれに該当するものだけを 出力する事も出来ます。

このコマンドはインストールしたディレクトリ/bin/datadumperにあります。

コマンドの使用例

datadumperは、tablectldatabasectlと同様、 bounceHammerのデータベース/マスターテーブルに対してSQL文を発行せずとも ある程度の操作が出来るようになっています。 また、datadumperコマンドとほぼ同等の操作が管理画面(WebUI)でも可能です。

データベースの内容を全件出力
# datadumper --alldata
 
senderdomainがexample.jpのものだけ出力
# datadumper --senderdomain example.jp
 
差戻理由が宛先不明で、宛先分類が携帯電話ものだけ出力
# datadumper --reason userunknown --hostgroup cellphone
 
受信者ドメインがexample.comで、過去1年以内のものだけ出力
# datadumper --destination example.com --howrecent 1y
 
ヘルプを表示
# datadumper --help

利用可能なオプション

検索条件指定オプション

-A, --alldata
datadumperをオプション無しで起動すると、disabled=1になっている データは除外されて出力されます。 このオプションを付けるとdisabledが1になっているものも含めて、 データベースに存在する全てのデータが出力されます。
-a, --addresser 発信者アドレス
addresser(発信者アドレス)を指定します。指定した発信者アドレスに 完全一致するデータのみ出力されます。
-r, --recipient 受信者アドレス
recipient(受信者アドレス)を指定します。指定した受信者アドレスに 完全一致するデータのみ出力されます。
-s, --senderdomain 発信者ドメイン
senderdomain(発信者ドメイン)を指定します。指定した発信者ドメインに 完全一致するデータのみ出力されます。
-d, --destinaiton 受信者ドメイン
destination(受信者ドメイン)を指定します。指定した受信者ドメインに 完全一致するデータのみ出力されます。
-w, --reason 差戻理由
reason(差戻理由)を指定します。指定した差戻理由に完全一致する データのみ出力されます。 指定できる値は、 tablectl -tw --list で得られる一覧の'why'の値のいずれかです。
-g, --hostgroup 宛先分類
hostgroup(宛先分類)を指定します。指定した宛先分類に完全一致するデータのみ出力されます。 指定できる値は、 tablectl -th --list で得られる一覧の'name'の値のいずれかです。
-p, --provider 宛先所属
provider(宛先所属)を指定します。指定した宛先所属に完全一致するデータのみ出力されます。 指定できる値は、 tablectl -tp --list で得られる一覧の'name'の値のいずれかです。
-t, --token メッセージトークン
token(メッセージトークン)を指定します。指定したメッセージトークンに完全一致する データのみ出力されます。メッセージトークンは messagetoken コマンドで生成する事も出来ます。 あるいは、--addresser, --recipientの双方を指定した場合と等価です。
-h, --howrecent 数値/単位
バウンスが発生した最古の期間を指定します。指定した期間よりも後に バウンスしたデータのみ出力されます。

指定できる数値は正の整数または浮動小数点数(いずれも10進数表記のみ、 指数表記不可)、単位は s:秒(seconds), m:分(minutes), h:時間(hours), d:日(days), w:週(weeks), y:年(years)です。 単位を省略した場合はd(日)として扱われます。

e.g.) 2w = 2週間、3d = 3日、 1y = 1年
-f, --frequency 差戻回数下限 (Ver.2.6.3以降)
差戻回数(バウンスした回数)の下限値を指定します。 例えば --frequency 6と指定した場合は、差戻回数が6回以上 である記録のみが出力されます。

出力形式オプション

-o, --orderby カラム名
指定したカラム名(addresser, recipient等)で昇順で並べた結果が出力されます。 未指定時はIDの値で昇順ソートされます。
-O, --orderbydesc カラム名
指定したカラム名(addresser, recipient等)で降順で並べた結果が出力されます。 未指定時はIDの値で昇順ソートされます。
--count
条件に一致するデータを出力するかわりに、 該当するデータの件数を出力します。SQLのSELECT count(*)に相当します。
--comment
出力されるデータの先頭にコメントとして実行(検索・出力)した日時と プログラム名datadumperが加えられます。 特に役に立つオプションではありませんので、bounceHammerの 将来のバージョンでは削除されるかもしれません。

その他のオプション

-C, --conf 設定ファイル
読み込む設定ファイルを指定します。このオプションを使用しない場合、 インストール先/etc/bouncehammer.cfが使用されます。 複数の設定ファイルを処理毎に使い分ける場合などでは有用でしょう。
-T, --test
テストモードで動作します。通常は動作に必要な設定値を インストール先/etc/bouncehammer.cfから読出しますが、 このオプションを指定するとbouncehammer.cfが無くても動作します。 -C test-run.cf と等価です。
-F, --fotmat 文字
検索結果を指定したフォーマットで出力します。 このオプションを指定しない場合は、YAML形式で出力されます。 利用可能なフォーマットは次の通りです。
文字 説明
y YAML形式 | e.g.) -Fy
j JSON形式 | e.g.) -Fj
c CSV形式(2.4.0から) | -Fc
--silent
このオプションを付けると、次の-v, --verboseオプションの有無にかかわらず 冗長なメッセージおよびエラーの出力がなくなります。

また、コマンドをsendmail等のデーモンが実行した場合、エラーが起きても exit(0)=成功で終了します。 --silentオプションを付けずにsendmail等MTAがコマンドを起動し、 エラーが発生した場合はexit(75)=EX_TEMPFAILで終了します。
-v, --verbose
処理過程が冗長に表示されます。
--help
コマンドのヘルプが表示されます。
--version
バージョン番号が表示されます。

コマンド実行結果のスクリーンショットでの説明

datadumper --count 他2つの実行例

下記のスクリーンショットは、いくつかの検索条件を指定してそれに一致するデータを YAML形式で出力するコマンドと出力内容の説明です。