bounceHammer has been EOL'ed on February 29, 2016

製品ライフサイクルの終了

2010年3月にオープンソースソフトウェアとして公開して以来、多くのユーザ様・企業様にダウンロードし、 ご利用いただきましたbounceHammerは、2016年2月29日(月)を持ちまして製品ライフサイクルの終了(EOL: End Of Life) となりました。長きにわたりbounceHammerをご使用いただき誠に有り難う御座いました。 開発元では後継となるバウンスメール解析ライブラリとして、より高精度で高速なSisimai(シシマイ) を二条項BSDライセンスで公開しています。

Sisimai
商用サポート

  • 1一式導入・設定・保守・開発の補助
  • 2独自MTA用解析モジュールの開発
  • 3個別案件の対応とメールサポート
  • 4バウンス管理・運用コンサルティング
  • 5スポット解析・解析済みデータ提供

Reason/バウンスした理由

 

自動検出するエラー理由19種類

bounceHammerの解析エンジンは下記のようなエラー理由を自動的に 検出、決定します。

定義されているものは、SMTPにおける主要なエラーを網羅しています。 各項目は、エラーの種類(bounceHammer内での表記)とその下に、 そのエラーになる条件などを記述しています。

不明なホスト(hostunknown)

宛先メールアドレスのドメインパート(@よりも右の文字列)が、 不明なホストあるいは存在しないドメイン名の場合に返ってくるエラーです。 多くはドメイン部分の綴り間違い、DNSのレコードが無効になっている、ドメインが消滅した、というケースです。

bounceHammerが行うバウンスメール処理の内部過程では、 Status:ヘッダの値が5.1.2となっているものはこの理由に決定されます。

宛先不明(userunknown)

宛先メールアドレスのローカルパート(@よりも左側の文字列)が、 存在しないユーザである場合に返ってくるエラーです。 多くは、携帯電話の場合はメールアドレスを変更したユーザ、 PCの場合はプロバイダを退会した、会社・組織からいなくなったユーザのケースです。

bounceHammerが行うバウンスメール処理の内部過程では、 Status:ヘッダの値が5.1.1のもの、またはSMTPセッションにおいて、 RCPT TO:で接続が拒否されたもの、ほかDiagnostic-Code:ヘッダから 宛先不明であると判断した場合に、この理由に決定されます。

メールボックスは移動した(hasmoved)

宛先のメールボックスは別のアドレスに移動した(そして自動で転送はされない) 場合に返ってくるエラーです。

bounceHammerが行うバウンスメール処理の内部過程では、 Status:ヘッダの値が5.1.6のものがこの理由に決定されます。

発信者アドレスによる拒否(rejected) ver.2.6.0から

送信したメールが発信者アドレス(Envelope From)によって拒否された 場合に返ってくるエラーです。

bounceHammerが行うバウンスメール処理の内部過程では、 Status:ヘッダの値が5.1.8のもの、SMTPセッションにおいて、 MAILコマンドの内容によって拒否されたものこの理由に決定されます。

フィルターによる拒否(filtered)

なんらかの事由により、ユーザがメールの受け取り拒否設定を行っている場合、 メールボックスが存在するが受け取らない状態になっている場合に返ってくるエラーです。

携帯電話の場合はドメイン指定拒否(ドメイン指定受信から除外されている)か、 URLフィルターによる拒否であればこの理由に決定されます。

bounceHammerが行うバウンスメール処理の内部過程では、 Status:ヘッダの値が5.2.0,5.2.1のもの、SMTPセッションにおいて、 DATAコマンド以降の内容によって拒否されたものこの理由に決定されます。

メールボックス一杯(mailboxfull)

宛先のメールボックスがいっぱい(メールサーバが指定した最大保存量超過) になっている場合に返ってくるエラーです。 携帯電話・PC共通して、ユーザがメールを受信せずに放置している、あるいは受信はしているが 受信済メールをサーバから削除していない状態が該当します。

bounceHammerが行うバウンスメール処理の内部過程では、 Status:ヘッダの値が4.2.2か5.2.2のものがこの理由に決定されます。

メールの量が限界(exceedlimit)

宛先のメール量がサーバで設定された限界値を超えた場合に返ってくるエラーです。 bounceHammerが行うバウンスメール処理の内部過程では、 Status:ヘッダの値が4.2.3か5.2.3のものがこの理由に決定されます。

メールサーバのディスクが一杯(systemfull)

宛先のメールサーバのディスクがいっぱいになっている場合に返ってくるエラーです。 宛先のホストがこれ以上メールを受け取れない状態を表しています。

bounceHammerが行うバウンスメール処理の内部過程では、 Status:ヘッダの値が5.3.1か4.3.1のものがこの理由に決定されます。

メールサーバはメールを受け取らない(notaccept)

相手側メールサーバがメールを受け取れない場合に返ってくるエラーです。 宛先メールサーバが過負荷であったりメンテナンス中である状態にこのエラーが発生します。

bounceHammerが行うバウンスメール処理の内部過程では、 Status:ヘッダの値が5.3.2のものがこの理由に決定されます。

メールが大きすぎる(mesgtoobig)

送信したメールの容量(メールサイズ)が、相手側メールサーバの許容する大きさを超えた 場合に返ってくるエラーです。多くの場合、添付ファイルが大きすぎた、 沢山の添付ファイルによって容量超過した時に、このエラーと遭遇します。

bounceHammerが行うバウンスメール処理の内部過程では、 Status:ヘッダの値が5.3.4のものがこの理由に決定されます。

セキュリティ上のエラー(securityerr)

宛先メールサーバがセキュリティ上の理由やポリシー違反で受け取りを拒否 した場合に返ってくるエラーです。

どのようなものをセキュリティ上のエラーとするかは各メールサーバのポリシー次第ですが、 発信者アドレス詐称、ウィルス検査陽性反応等が代表的です。

bounceHammerが行うバウンスメール処理の内部過程では、 Status:ヘッダの値が5.7.xのものがこの理由に決定されます。

一時停止中(suspend)

宛先のメールサーバが応答しなかった場合、携帯電話であれば料金未納等で止められている場合に このエラー理由に分類されます。

メーラーエラー(mailererror)

受信者がプログラムへのパスである場合、メール受信時に起動するプログラムが正常終了しなかった 場合に返ってくるエラーです。 多くはプログラムのバグ、またはバックエンドの必要なサービス(データベース等)へ接続できなかった場合の 例外処理不足の時に起こります。

システムエラー(systemerror) ver.2.6.0から

宛先メールサーバ内でシステムエラーまたはネットワークエラー が発生した事によってバウンスした場合、このエラー理由に分類されます。

メール形式のエラー(contenterr) ver.2.6.0から

送信したメールの形式が宛先メールサーバで変換できないまたは理解できない形式 である場合、このエラーに分類されます。

bounceHammerが行うバウンスメール処理の内部過程では、 Status:ヘッダの値が5.6.xのものがこの理由に決定されます。

配送時間切れ(expired) ver.2.6.0から

送信したメールが、宛先のホストに繋がらない・宛先ホストがDNSで名前解決できない などの理由で配送時間切れとなって差し戻された場合にこのエラーに分類されます。

エラー理由決定保留(onhold)

一部のWebメールサービス経由でメールを送信し、それがエラーとなった場合、 エラー内容の詳細が削除された状態でバウンスメールが返ってきます。 このような場合、なんらかのエラーが起こった事はわかるが、 その理由を特定するための情報が欠損している為、bounceHammer の解析エンジンは理由の決定を保留します。

手動選択可能なエラー理由

下記に列挙するのは、ブラウザベースの管理画面(WebUI)から手動で選択可能なエラー理由です。

ホワイトリスト(whitelisted)

確実に存在するとわかっているメールアドレスに割り当てる事を目的としています。 このエラー理由が設定されたメールアドレスは、以降いかなるエラー理由で差し戻されてきたとしても、 その記録が上書きされることはありません。

不安定な受信者(unstable)

メールの到着確実性が不安定な場合に用います。国内の携帯電話宛でごくまれに存在するドメイン 指定拒否(ドメイン指定受信からの対象外)の設定と解除を頻繁に繰り返すなどの場合に用います。