bounceHammer has been EOL'ed on February 29, 2016

製品ライフサイクルの終了

2010年3月にオープンソースソフトウェアとして公開して以来、多くのユーザ様・企業様にダウンロードし、 ご利用いただきましたbounceHammerは、2016年2月29日(月)を持ちまして製品ライフサイクルの終了(EOL: End Of Life) となりました。長きにわたりbounceHammerをご使用いただき誠に有り難う御座いました。 開発元では後継となるバウンスメール解析ライブラリとして、より高精度で高速なSisimai(シシマイ) を二条項BSDライセンスで公開しています。

Sisimai
商用サポート

  • 1一式導入・設定・保守・開発の補助
  • 2独自MTA用解析モジュールの開発
  • 3個別案件の対応とメールサポート
  • 4バウンス管理・運用コンサルティング
  • 5スポット解析・解析済みデータ提供

II. Perlモジュール

 

bounceHammerが要求するPerlモジュール群

bounceHammerは多くのPerlモジュールを必要とします。 bounceHammerを動作させるオペレーティングシステムに、 下記に列挙するモジュールがインストールされていなければなりません。

bounceHammer構築時に、必要なPerlモジュールのインストール状況と インストールされているバージョンのチェックが自動的に行われます。 必要なモジュールがインストール済みであっても、そのバージョンが 下記の表で指定するものより古い場合、bounceHammerを正しく動作させるために、 おそらく最新版のモジュールをインストールしなければならないでしょう。

名前が太字になっているモジュール

モジュール名が太字になっているものは、Perl 5.8.1以降で最新版のPerlで コアモジュールとなっているものですので、お使いのPerlのバージョン によっては改めてインストールする必要がないかもしれません。

  1. bounceHammerのエンジンが要求するモジュール
  2. コマンドラインツールが要求するモジュール
  3. WebUI/APIが要求するモジュール
  4. 構築時のテスト(make test)が要求するモジュール
  5. 確認用スクリプト Modules.PL

bounceHammerのエンジンが要求するモジュール

下記のPerlモジュールは、bounceHammerのエンジンが使用しますので 必ず必要になります。また、下記のモジュール以外に使用するデータベースの モジュール(MySQL=DBD::mysql, PostgreSQL=DBD::Pg)を別途インストール する必要があります。

Perlモジュール名 最低バージョン 備考/Perl 5.8.1以上でコアモジュール化したVer.
Class::Accessor::Fast::XS 0.03
Compress::Zlib 2.023 5.009003
Crypt::CBC 2.30
Crypt::DES 1.00
DBIx::Skinny 0.0711 bounceHammer 2.3.1以降
DBIx::Class 0.08108 bounceHammer 2.2.0まで
DBIx::Class::Schema 0.08108 bounceHammer 2.2.0まで
Email::AddressParser 0.04
Error 0.17015
IO::Compress::Bzip2 2.023 5.010001
bounceHammer 2.4.0から構築時の必須指定解除
IO::Compress::Gzip 2.023 5.009004
IO::Compress::Zip 2.023 5.009004
bounceHammer 2.4.0から構築時の必須指定解除
JSON::Syck 0.30
MIME::Parser 5.420 bounceHammer 2.3.1まで
Path::Class 0.17
Perl6::Slurp 0.03
Term::ProgressBar 2.09
Text::ASCIITable 0.18
Time::Piece 1.20 5.009005
bounceHammer 2.7.8以前は1.15

コマンドラインツールが要求するモジュール

下記のPerlモジュールは、bounceHammerのコマンドラインツールが使用しますので、 前述のエンジンが必要とするPerlモジュールと同様に必ず必要になります。

Perlモジュール名 最低バージョン 備考/Perl 5.8.1以上でコアモジュール化したVer.
Path::Class::File::Lockable 0.01

WebUI/APIが要求するモジュール

下記のPerlモジュールは、bounceHammerのWebUIが使用します。 WebUI(管理画面とAPI)を使用しない、あるいはWebUI用のCGIスクリプトを ドキュメントルートにインストールしない場合は、下記モジュールは必要ありません。

Perlモジュール名 最低バージョン 備考/Perl 5.8.1以上でコアモジュール化したVer.
CGI::Application4.21
CGI::Application::Dispatch2.16
CGI::Application::Plugin::HTMLPrototype0.20
CGI::Application::Plugin::Session1.03
CGI::Application::Plugin::TT1.04

構築時のテスト(make test)が要求するモジュール

下記のPerlモジュールは、bounceHammerのインストール直前に行う ``make test''で必要となるものです。 make testを行わないのであれば不要ですが、 インストール前にbounceHammerが正しく動作するかどうかの確認の為、 事実上必要なモジュールです。 make test時にモジュールがなければその部分のテストは省略されます。

Perlモジュール名 最低バージョン 備考/Perl 5.8.1以上でコアモジュール化したVer.
IPC::Cmd0.255.009005
DBD::SQLite1.25

確認用スクリプト Modules.PL

bounceHammerのtarballに同梱のModules.PLを 使って必要なPerlモジュールがインストール済みかどうか確認が出来ます。

この確認はbounceHammerのビルド時(configure)に自動で実行されますので、 必要なモジュールの欠損があった場合は先にモジュールをインストールする必要があります。

# perl ./Modules.PL check
 [ OK ] Digest::MD5 VERSION = 2.3601
*[ NG ] Time::Piece
*[ NG ] Path::Class::File::Lockable
*[ NG ] CGI::Application
 [ OK ] List::Util VERSION = 1.18
*[WARN] IO::Compress::Gzip VERSION = 2.021 is older than 2.023
...