bounceHammer has been EOL'ed on February 29, 2016

製品ライフサイクルの終了

2010年3月にオープンソースソフトウェアとして公開して以来、多くのユーザ様・企業様にダウンロードし、 ご利用いただきましたbounceHammerは、2016年2月29日(月)を持ちまして製品ライフサイクルの終了(EOL: End Of Life) となりました。長きにわたりbounceHammerをご使用いただき誠に有り難う御座いました。 開発元では後継となるバウンスメール解析ライブラリとして、より高精度で高速なSisimai(シシマイ) を二条項BSDライセンスで公開しています。

V. 対応データベース

 

bounceHammerのデータ蓄積用データベース

bounceHammerが解析したデータを蓄積し、それらを検索したり条件を付けて 抽出したりするためには、下記に列挙するいずれかのデータベースが必要です。

bounceHammerのエンジン部分およびコマンドラインツールからアクセスできれば、 ネットワーク上の別ホストで動いているデータベースでもかまいません。 大量のデータを蓄積するのであれば、SQLite以外の選択肢がよいでしょう。

データを蓄積しない(=メール解析器とログ書き込みだけ使う)のであればデータベースは不要です。

bounceHammerが対応するデータベース

データベース バージョン 対応するPerlモジュール名
PostgreSQL8.0.0以上/9.0.0, 9.2.4での動作確認済みDBD::Pg
MySQL4.1以上または5.0以上DBD::mysql
SQLite3以上DBD::SQLite

使用するデータベースに対応したPerlモジュールも別途インストールする必要があります。