bounceHammer has been EOL'ed on February 29, 2016

製品ライフサイクルの終了

2010年3月にオープンソースソフトウェアとして公開して以来、多くのユーザ様・企業様にダウンロードし、 ご利用いただきましたbounceHammerは、2016年2月29日(月)を持ちまして製品ライフサイクルの終了(EOL: End Of Life) となりました。長きにわたりbounceHammerをご使用いただき誠に有り難う御座いました。 開発元では後継となるバウンスメール解析ライブラリとして、より高精度で高速なSisimai(シシマイ) を二条項BSDライセンスで公開しています。

13. 管理対象のドメインを登録

 

発信者ドメイン(SenderDomain)の登録

実際にbounceHammerを運用する前に、必要な発信者ドメインを 全てデータベースに登録する必要があります。

bounceHammerの利用形態として、多くの場合は自社・自組織から送信したメールの エラーを記録するというものでしょう。 宛先となるメールアドレスは多種多様なので、その宛先ドメイン(Destinations)も 全て把握する事はできませんが、 発信者ドメインは自社・自組織が保有している=全部把握できる、ものです。

よって、自社・自組織で保有・管理しているドメインのうち メールアドレスとして使用されているもの、かつbounceHammerで管理したいものだけを SenderDomainsテーブルに登録しておく必要があります。

登録作業

登録する発信者ドメイン(senderdomain)が少なく、且つブラウザベースの管理画面(WebUI)を 既にセットアップしているのであれば、画面のフォームから入れていっても良いでしょう。

発信者ドメインが沢山ある場合は、下記例示のように tablectl コマンドを使って一括で入れると楽です。

# for DOMAIN in example.com example.org example.net example.co.jp; do
> tablectl --insert -ts --name $DOMAIN
> done
 
登録できたか確認
# tablectl --list -ts -Fa
.---------------------------------------------------------------------.
|                            SenderDomains                            |
+-----+---------------------+------------------------------+----------+
| #ID | domainname          | description                  | disabled |
+-----+---------------------+------------------------------+----------+
|   1 | example.jp          |                              |        0 |
|   2 | example.com         |                              |        0 |
|   3 | example.org         |                              |        0 |
|   4 | example.net         |                              |        0 |
|   5 | example.co.jp       |                              |        0 |
'-----+---------------------+------------------------------+----------'

処理の流れ のように、bounceHammerがバウンスメールを解析し、それを集積し、 データベースへ登録・蓄積されているデータを更新する流れを自動化するには、 crontab(定期的な実行) を参照してください。