bounceHammer has been EOL'ed on February 29, 2016

製品ライフサイクルの終了

2010年3月にオープンソースソフトウェアとして公開して以来、多くのユーザ様・企業様にダウンロードし、 ご利用いただきましたbounceHammerは、2016年2月29日(月)を持ちまして製品ライフサイクルの終了(EOL: End Of Life) となりました。長きにわたりbounceHammerをご使用いただき誠に有り難う御座いました。 開発元では後継となるバウンスメール解析ライブラリとして、より高精度で高速なSisimai(シシマイ) を二条項BSDライセンスで公開しています。

Sisimai
商用サポート

  • 1一式導入・設定・保守・開発の補助
  • 2独自MTA用解析モジュールの開発
  • 3個別案件の対応とメールサポート
  • 4バウンス管理・運用コンサルティング
  • 5スポット解析・解析済みデータ提供

8. WebUI設定ファイルwebui.cfの作成

 

bounceHammer/WebUIの設定ファイル

bounceHammerのブラウザベースの管理画面(WebUI)を使用する場合は このページの作業も行ってください。インストールしたオペレーティングシステムの環境に 依存する設定項目は、現在のところほとんどありませんので、多くの場合はサンプルの設定ファイルを 'webui.cf'の名前でコピーするだけです。

構築時に --disable-webuiを指定した場合、 このサンプルの設定ファイルはインストールされていませんので、このページも読み飛ばしてください。

webui.cfの作成

設定ファイル 'webui.cf' はbouncehammer.cfと同様にYAMLフォーマットです。 YAMLフォーマットとして無効な記述をした場合はbounceHammerの管理画面(WebUI) が正しく動作できませんのでご注意下さい。

# cd /usr/local/bouncehammer/etc
# /bin/cp webui.cf-example webui.cf

webui.cfはApache等のウェブサーバを実行しているユーザ(apache, nobody, httpd等) から読出せるパーミッションである必要があります。

メール解析器(bin/mailboxparser) がバウンスメールをデータ化する際に、自社・自組織が保有しているドメイン名を含む場合、 独自の宛先所属(Provider,小分類) に入れたい場合は neighbor-domains の作業も行ってください。

webui.cfの設定値

 

etc/webui.cfの各項目について説明します。 インストール直後にwebui.cfとしてコピーする以外は特に編集する必要もありませんが、 テーブルへの書き込み制限や上限数などを設定したい場合はこのページを参考にしてください。

webui.cfはYAMLファイルとして読込まれます。 YAMLファイルとして無効な記述や誤った文法があるとエラーとなりますのでご注意下さい。

webui.cf/全体設定

language
WebUIのページ内容を表示する際の既定の言語。 対応言語は日本語(ja)と英語(en)です。ブラウザの設定言語でページの言語が 決定されますが、取得できない場合はこの設定値が使われます。
upload
現在はmaxsizeの一項目のみ設定可能です。 この値はブラウザからバウンスメールを解析する際にアップロード可能な ファイルの最大サイズを指定します。既定値は512KBです。
session
現在はexpiresの一項目のみ設定可能です。 この値はブラウザで開いた時のセッションの有効期限を指定します。 既定値は9時間です。
name
設定名です。複数の設定ファイルを表示上区別するために使用します。 ここで設定された値はブラウザ開いたWebUIの各ページ上部に表示されます。

database: データベース設定

table
bouncelog
readonly
BounceLog(t_bouncelog)テーブルを読取専用とするか どうかの設定です。1を設定するとテーブルは、 WebUIからは読取専用となります。
maxrecords
BounceLog(t_bouncelog)テーブルに保存できるバウンス記録の 最大値です。0を設定すると無制限になります。この設定値は、 WebUIからバウンスメールを解析した時に、解析結果を同時に 登録する際にのみ参照されます。
senderdomains
readonly
SenderDomains(t_senderdomains)テーブルを読取専用とするか どうかの設定です。1を設定するとテーブルは、WebUIからは 読取専用となります。
maxrecords
SenderDomains(t_senderdomains)テーブルに登録できる発信者 ドメインの最大値です。0を設定すると無制限になります。 この設定値は、WebUIから発信者ドメインを登録する際にのみ 参照されます。
destinations
readonly
Destinations(t_destinations)テーブルを読取専用とするかどうか の設定です。1を設定するとテーブルは、WebUIからは読取専用と なります。
maxrecords
Destinations(t_destinations)テーブルに登録できる受信者(宛先) ドメインの最大値です。0を設定すると無制限になります。 この設定値は、WebUIから受信者(宛先)ドメインを登録する際に のみ参照されます。

archive: ダウンロード時の圧縮関連設定

expires
圧縮済ファイルのキャッシュ有効期限です。圧縮済ファイルのキャッシュがあり タイムスタンプが有効期限内であれば、新たに検索結果を取得して圧縮せずに キャッシュを使います。既定値は1時間です。
compress
type
ダウンロードするファイルの圧縮形式です。既定値はgzipですが、 IO::Compress::Bzip2やIO::Compress::Zipモジュールがあれば 他の形式も利用できます。

security: 暗号化の設定

crypt
salt
URLを暗号化する際に使用するソルトです。
key
URLを暗号化する際に使用するキーです。
cipher
URLを暗号化する際の暗号化方式です。既定値はDESです。