bounceHammer has been EOL'ed on February 29, 2016

製品ライフサイクルの終了

2010年3月にオープンソースソフトウェアとして公開して以来、多くのユーザ様・企業様にダウンロードし、 ご利用いただきましたbounceHammerは、2016年2月29日(月)を持ちまして製品ライフサイクルの終了(EOL: End Of Life) となりました。長きにわたりbounceHammerをご使用いただき誠に有り難う御座いました。 開発元では後継となるバウンスメール解析ライブラリとして、より高精度で高速なSisimai(シシマイ) を二条項BSDライセンスで公開しています。

Sisimai
商用サポート

  • 1一式導入・設定・保守・開発の補助
  • 2独自MTA用解析モジュールの開発
  • 3個別案件の対応とメールサポート
  • 4バウンス管理・運用コンサルティング
  • 5スポット解析・解析済みデータ提供

10. available-countriesの作成

 

国別のドメイン分類と特殊なMTAの定義

この設定ファイル available-countries はbounceHammer 2.4.0から登場しました。 この設定ファイルの役割は次の2つです。


世界各国で著名なドメインの分類制御
世界各国でそれぞれ著名なサービスのドメイン(しかし他の国ではそれほど著名でもない、 日本であれば携帯電話アドレスのドメインなど)を細かく分類します。

例えば、@MAIL.RUは ロシアで有名なフリーのWebメールサービスですが、他の国ではGmailやYahoo!、 Hotmailほど有名ではないでしょう。

この設定ファイルは他の国で有名なドメインを細かく分類するかどうかを制御する為に使います。
特殊なMTAの定義
ごく一部(特定の国または特定の企業・サービス)でしか使われていないMTA用のモジュールを 独自に実装した際に、 mailboxparser コマンドがそのモジュールを使うかどうかを制御します。

ここで言う特殊なMTAとは、そのMTAが返してくるバウンスメールの形式がほかのどれとも違い、 解析用のライブラリを独自に実装しなければならないMTA事です。

例えば、日本のau by KDDI (@ezweb.ne.jp)はbounceHammerの中では特殊なMTAとして扱われています。

このファイルは作成しなくてもbounceHammerは動作しますので 不要な場合はこのページを読み飛ばしてください。

available-countriesの作成

設定ファイル 'available-coiuntries' も他の設定ファイルと同様にYAMLフォーマットです。 YAMLフォーマットとして無効な記述をした場合はbounceHammerが正しく動作できませんので ご注意下さい。

このファイルはデフォルトの設定値のままでインストールされた全ての国別の分類用ライブラリを 読み込みますので、読み込む必要がないライブラリがある場合に、ファイル内容を編集してください。

# cd /usr/local/bouncehammer/etc
# /bin/cp available-countries-example available-countries

available-countriesの設定方法

 

このファイルはデフォルトのままで充分ですが、細かな国別のドメイン分類や特殊なMTA用 ライブラリを読み込まない場合等は、ファイル内で設定する事により、それらのライブラリを 読み込みません。読み込まない事によって解析速度とメモリ消費量が少し向上します。

設定項目名 有効な設定値 備考
webmail 0 または 1 Kanadzuchi::Mail::Group::国名コード::WebMailを読み込む
smartphone 0 または 1 Kanadzuchi::Mail::Group::国名コード::Smartphoneを読み込む
cellphone 0 または 1 Kanadzuchi::Mail::Group::国名コード::Cellphoneを読み込む
agents MTAの名前 Kanadzuchi::MTA::国名コード::MTAの名前を読み込む

分類用の項目名

それぞれ国名コード(日本=JP, 英国=UK等)毎に上記表の設定項目があり、 webmail, smartphone, cellphone の三項目は設定値として0 = 読み込まない1 = 読み込むとなります。

これらの設定値を 0 にした場合は、 解析結果の宛先分類(Host Group)はpcに、 宛先所属(Provider)はvariousになります。

特殊なMTAの定義

設定項目名 agentsは、bounceHammerが実装している 標準の解析ライブラリでは解析できないMTAの名前を定義する為のものです。 書式はYAMLの配列としてMTAの名前を列挙します。 列挙した名前は、それぞれKanadzuchi::MTA::国名コード::MTAの名前として 読み込まれます。

このファイルのデフォルト値では jp の配下に aubyKDDIが定義済みですので、 bounceHammerをインストールしたディレクトリ/lib/Kanadzuchi/MTA/JP/aubyKDDI.pm を読み込みます。

例えば、独自のフォーマットのバウンスメールを返す自社のMTA:OurMTA用のライブラリ OurMTA.pmを作成し、bounceHammerをインストールした ディレクトリ/lib/Kanadzuchi/MTA/JP/OurMTA.pmとして設置した場合、次のように設定する事で、 そのライブラリを読み込みます。

'jp':
  'cellphone': 1
  'smartphone': 1
  'webmail': 1
  'agents': [ 'aubyKDDI', 'OurMTA' ]

続いて管理画面の設定(すぐに終わります)の為に WebUI/管理画面の準備 へ進んでください。