bounceHammer has been EOL'ed on February 29, 2016

製品ライフサイクルの終了

2010年3月にオープンソースソフトウェアとして公開して以来、多くのユーザ様・企業様にダウンロードし、 ご利用いただきましたbounceHammerは、2016年2月29日(月)を持ちまして製品ライフサイクルの終了(EOL: End Of Life) となりました。長きにわたりbounceHammerをご使用いただき誠に有り難う御座いました。 開発元では後継となるバウンスメール解析ライブラリとして、より高精度で高速なSisimai(シシマイ) を二条項BSDライセンスで公開しています。

1. bounceHammer のアーカイブを入手

 

bounceHammer のアーカイブをダウンロード

Download - ダウンロード ページのリンクからbounceHammerのアーカイブ(Tar ball)を入手してください。 アーカイブファイルをダウンロード後、できれば改竄がない事をMD5またはPGPにて確認したほうがよいでしょう。

アーカイブの検査に必要なmd5コマンド(Linuxはmd5sum) またはgpg, 署名者(開発元:Cubicroot Co. Ltd.)の 公開鍵、 アーカイブの展開に必要なtar,gunzipはそれぞれ予め準備しておいてください。

ダウンロードと検証・展開

ここではrootユーザが/usr/local/src/ にてbounceHammerのアーカイブを展開し、ビルドするものとします。 別のディレクトリにて作業される場合は適宜読み替えてください。 ソースコードの展開とビルドに約5MBのディスク領域を消費します。

ダウンロードする
# cd /usr/local/src
# wget http://dist.bouncehammer.jp/bouncehammer-2.7.13p3.tar.gz
 
a) PGP(gpg)で署名を確認
# wget http://dist.bouncehammer.jp/bouncehammer-2.7.13p3.tar.gz.asc
# gpg --verify ./bouncehammer-2.7.13p3.tar.gz.asc
gpg: Signature made Tue Mar 2 13:32:45 2010 JST using RSA key ID DFFB8C1B gpg: Good signature from 'Cubicroot Co. Ltd. (Signing Key, 2009)
<postmaster@cubicroot.jp>'
 
b) またはmd5のハッシュ値を確認
# md5 ./bouncehammer-2.7.13p3.tar.gz
MD5 (./bouncehammer-2.7.13p3.tar.gz) = c0ffee1beef2bee3bed4c0c0a5cf00d6
 
アーカイブを展開
# gunzip -c ./bouncehammer-2.7.13p3.tar.gz | tar xvf -
...
#

アーカイブの検査と展開が済んだら 2. 必要なPerlモジュールを入れるへ進んでください。