bounceHammer has been EOL'ed on February 29, 2016

製品ライフサイクルの終了

2010年3月にオープンソースソフトウェアとして公開して以来、多くのユーザ様・企業様にダウンロードし、 ご利用いただきましたbounceHammerは、2016年2月29日(月)を持ちまして製品ライフサイクルの終了(EOL: End Of Life) となりました。長きにわたりbounceHammerをご使用いただき誠に有り難う御座いました。 開発元では後継となるバウンスメール解析ライブラリとして、より高精度で高速なSisimai(シシマイ) を二条項BSDライセンスで公開しています。

Sisimai
商用サポート

  • 1一式導入・設定・保守・開発の補助
  • 2独自MTA用解析モジュールの開発
  • 3個別案件の対応とメールサポート
  • 4バウンス管理・運用コンサルティング
  • 5スポット解析・解析済みデータ提供

5. データベースの準備

 

bounceHammer のデータ蓄積用DB

bounceHammerが無事に/usr/local/bouncehammerにインストールされたら、 データ蓄積用のデータベースを準備します。

bounceHammerを、メール解析器 (mailboxparser) とログ生成 (logger) だけのものとして使用する場合は、データベースの準備は不要です。

例示用の設定

ここでは127.0.0.1のMySQL 5.1または PostgreSQL 8.4.4上にデータベース名 bouncehammer、 ユーザ名もDB名と同じ bouncehammer、 パスワードは 794-uguisu-heiankyoで構築するものとします。 UNIXドメインソケットで接続する場合は適宜読み替えてください。

ユーザとテーブルの作成

 

MySQLを使う場合

bounceHammerが使用するデータベースとユーザを予め作成しておきます。 データベース内のテーブルはソースコードに同梱のスクリプトで作成できますので、 作業は空のデータベースとユーザの作成だけです。

データベースはbounceHammerをインストールしたサーバでなくとも、 ネットワーク経由で通信が出来るサーバであればどこにあってもかまいません。

# /usr/local/bin/mysql
Welcome to the MySQL monitor. Commands end with ; or \g.
Your MySQL connection id is 1537
Server version: 5.1.44 Source distribution
...
mysql> CREATE DATABASE bouncehammer;
Query OK, 1 row affected (0.01 sec)
 
mysql> GRANT ALL PRIVILEGES ON bouncehammer.* TO bouncehammer@127.0.0.1 IDENTIFIED BY '794-uguisu-heiankyo';
Query OK, 0 rows affected (0.04 sec)
 
mysql> FLUSH PRIVILEGES;

PostgreSQLを使う場合

PostgreSQLを使う場合もMySQLと同じで<span title = 'bounceHammer'><span class = 'bHa'>bounce</span><span class = 'bHz'>Hammer</span></span>が使用する データベースとユーザを予め作成しておきます。データベース内のテーブルは ソースコードに同梱のスクリプトで作成できますので、作業は空のデータベースとユーザの作成だけです。

データベースは<span title = 'bounceHammer'><span class = 'bHa'>bounce</span><span class = 'bHz'>Hammer</span></span>をインストールしたサーバでなくとも、 ネットワーク経由で通信が出来るサーバであればどこにあってもかまいません。

# su - postgres
$ cd /usr/local/pgsql
$ ./bin/createuser bouncehammer
Shall the new role be a superuser? (y/n) n
Shall the new role be allowed to create databases? (y/n) y
Shall the new role be allowed to create more new roles? (y/n) y
 
$ ./bin/createdb -Obouncehammer bouncehammer
$ ./bin/psql
psql (8.4.4)
Type 'help' for help.
 
postgres=# ALTER USER bouncehammer password ' 794-uguisu-heiankyo';
ALTER ROLE

テーブルの作成

ユーザと空のデータベースが作成できたら、bounceHammerが使用するテーブルを作成します。 ソースコードに同梱のSQLスクリプトが /usr/local/bouncehammer/share/script にインストールされています。

# cd /usr/local/bouncehammer/share/script
 
MySQLの場合
# cat ./MySQL*.sql | /usr/local/mysql/bin/mysql -ubouncehammer -Dbouncehammer -h127.0.0.1 -p
Enter password: 794-uguisu-heiankyo
 
テーブルが出来たらマスターテーブルの内容を書き込む
# cat ./mastertable-* | /usr/local/mysql/bin/mysql -ubouncehammer -Dbouncehammer -h127.0.0.1 -p
Enter password: 794-uguisu-heiankyo
 
 
PostgreSQLの場合
# cat ./PostgreSQL*.sql | /usr/local/pgsq/bin/psql -Ubouncehammer -dbouncehammer
...
テーブルが出来たらマスターテーブルの内容を書き込む
# cat ./mastertable-* | /usr/local/pgsq/bin/psql -Ubouncehammer -dbouncehammer

必要であれば /usr/local/bouncehammer/share/script ディレクトリにある records-example.sql も同じようにデータベースに登録してください。 SQLiteを使用する場合は空のデータベースを作成し、テーブル構造とマスターテーブルのデータを 作成してください。

データベースが準備できたら、bounceHammerの設定ファイルを作成します。 設定ファイル/bouncehammer.cf へ進んでください。