bounceHammer has been EOL'ed on February 29, 2016

製品ライフサイクルの終了

2010年3月にオープンソースソフトウェアとして公開して以来、多くのユーザ様・企業様にダウンロードし、 ご利用いただきましたbounceHammerは、2016年2月29日(月)を持ちまして製品ライフサイクルの終了(EOL: End Of Life) となりました。長きにわたりbounceHammerをご使用いただき誠に有り難う御座いました。 開発元では後継となるバウンスメール解析ライブラリとして、より高精度で高速なSisimai(シシマイ) を二条項BSDライセンスで公開しています。

Sisimai
商用サポート

  • 1一式導入・設定・保守・開発の補助
  • 2独自MTA用解析モジュールの開発
  • 3個別案件の対応とメールサポート
  • 4バウンス管理・運用コンサルティング
  • 5スポット解析・解析済みデータ提供

3. 構築の準備(./configure)

bounceHammer構築の準備

bounceHammer の構築準備

ダウンロードしたbounceHammerのアーカイブを検査、展開したら構築の準備を行います。 configureスクリプトはbounceHammerが必要とするPerlモジュールが インストールされているかどうかの検査を行いますが、Perlモジュールの不足が在る場合は 先にそれらをインストールする必要があります。

既定のインストール先

bounceHammerはデフォルトで/usr/local/bouncehammer にインストールされます。別のディレクトリにインストールする場合は、 --prefix の引数にインストール先ディレクトリを指定してください。

利用可能なconfigureのオプション

インストールするオペレーティングシステムに複数のperlが存在する場合は、 configureスクリプトが先に見つけたperlbounceHammerを動作させるperlとして決定します。

動作させるperlを明示する場合は --with-perl の引数にフルパスで指定してください。

オプション 既定値 補足説明
--prefix /usr/local/bouncehammer bounceHammerのインストール先ディレクトリ
--with-perl 最初に見つけたperlバイナリへのPATH 複数のPerlがある環境でどのPerlを使うか明示する
--with-perl-extlib ver.2.7.1から
bounceHammerが必要とするPerlモジュールを 別ディレクトリに入れた場合に指定
--disable-webui no ver.2.3.2から
WebUI(管理画面)とAPI(HTTP)を構築・インストールしない

WebUIとAPIを使わない場合は --disable-webui

Version 2.3.2から--disable-webuiを指定すると、 WebUI(管理画面)とAPI(HTTP)を構築・インストールしなくなります。 コマンドラインツールしか使わない場合、このオプションは構築時間とディスクスペースの節約に有効です。

./configureを実行する

ここでは/usr/local/bin/perlを使用し、 /usr/local/bouncehammerにインストールするものとします。

展開済みソースコードのディレクトリに入る
# cd /usr/local/src/bouncehammer-2.7.13p3/
 
cpanmでいれたディレクトリを環境変数に設定
# export PERL5LIB='/usr/local/bouncehammer/lib/perl5'
 
configureスクリプトの実行
# ./configure --prefix=/usr/local/bouncehammer \
  --with-perl=/usr/local/bin/perl \
  --with-perl-extlib=$PERL5LIB

checking for a BSD-compatible install... /usr/bin/install -c
checking whether build environment is sane... yes
checking for a thread-safe mkdir -p... /bin/mkdir -p
...

bounceHammerのインストール先として--prefix=/usr/local と指定した場合、別のソフトウェアが提供するコマンドとbounceHammerが提供するコマンドが、 /usr/local/binディレクトリ内で名前が被った場合、元のコマンドが上書きされてしまいます。

同名のコマンドに注意してください

コマンドラインツール に列挙するコマンドと同名のコマンド (bounceHammerのものではない)がインストール先に既にある場合、 インストール先を--prefix=/usr/local/bouncehammer のように指定して bounceHammer専用のディレクトリにインストールしてください。

Perlモジュールの欠損がある場合

bounceHammerが必要とするPerlモジュールに一つでも欠損があると、 configureスクリプトはどれが欠損しているかを報告します。 下記に示すような表示があれば、そこに列挙されているPerlモジュールを 先にインストールしなければなりません。

# export PERL5LIB='/usr/local/bouncehammer/lib/perl5'
# ./configure --prefix=/usr/local/bouncehammer \
  --with-perl=/usr/local/bin/perl \
  --with-perl-extlib=$PERL5LIB

...
*** THE FOLLOWING PERL MODULES ARE REQUIRED ***

 Class::Accessor::Fast::XS
 DBIx::Skinny
 Perl6::Slurp
 Path::Class
...

configure: error: *** 22 perl modules are missing
↑22個のモジュールが欠損というエラー

それぞれ欠損しているモジュールを入れる
# cpanm -L $PERL5LIB Perl6::Slurp
...
# cpanm -L $PERL5LIB Class::Accessor::Fast::XS
...

何か一つでもPerlモジュールが欠損していれば、先にそれらをインストールしてください。 詳細は2. Perlモジュールをご覧ください。

bounceHammerが必要とするPerlモジュールが全て揃っている場合は、 4. 構築とインストール(make) へ進んでください。