bounceHammer has been EOL'ed on February 29, 2016

Sisimai
商用サポート

  • 1一式導入・設定・保守・開発の補助
  • 2独自MTA用解析モジュールの開発
  • 3個別案件の対応とメールサポート
  • 4バウンス管理・運用コンサルティング
  • 5スポット解析・解析済みデータ提供

bounceHammer 2.7.10

2013/04/19 Released

bounceHammer 2.7.10 Release

bounceHammer 2.7.10をリリースしました。


主な変更点は次の通り(リリースノートから抜粋)です。全ての変更点は リリースノート[日本語] をご覧ください。 ソースアーカイブは ダウンロードから入手して下さい。

主な変更点

新機能

  • (実験的な実装): mailboxparserコマンドが OpenSMTPD のバウンスメールを解析出来るようになりました。(OpenSMTPD 5.2, 5.3.1で試験済)

細かな改善点

  • mailboxparserが出力する解析済データの"description"に補助項目として "listid"が追加されました。 "listid"の値はバウンスが発生したメーリングリストの"List-Id" ヘッダの値を記録します。Thanks to @masaki_ipodrepo and @revsystem .
  • Nokia Mail & Nokia Chat のドメイン "@nokiamail.com"はプロバイダ名'nokia'に、ホストグループ名'smartphone'に それぞれ分類されます。
  • 幾つかのoutlook.com のドメインを分類対象に追加しました。
  • 新たな形式のGmail からのバウンスメールに対応しました。
  • Reply-Toヘッダに複数のメールアドレスがある場合、先頭のアドレスを取り出します。

修正されたバグ

  • Diagnostic-Code:ヘッダが複数行に渡っている場合、エラーメッセージ の取得に失敗するバグを修正しました。Thanks to Arie Valstar.

新しいファイル

  • lib/Kanadzuchi/MTA/OpenSMTPD.pm
  • t/042_mta-opensmtpd.t

bounceHammer 2.7.10へアップグレードする

ダウンロードページのリンクから bounceHammer-2.7.10のアーカイブ(Tar ball)を入手してください。

bounceHammer 2.7.0以前のバージョンから それぞれアップグレードする場合は次の作業も行ってください。

Version 2.7.0以降からのアップグレードは下記のように上書きインストールを行うのみです。

# export PERL5LIB=/usr/local/bouncehammer/lib/perl5 <- 必要なら
# ./configure <- 前回の構築と同じオプションで
# make
# make test && make install