bounceHammer has been EOL'ed on February 29, 2016

Sisimai
商用サポート

  • 1一式導入・設定・保守・開発の補助
  • 2独自MTA用解析モジュールの開発
  • 3個別案件の対応とメールサポート
  • 4バウンス管理・運用コンサルティング
  • 5スポット解析・解析済みデータ提供

bounceHammer 2.6.2

2010/12/15

bounceHammer 2.6.2 Release

bounceHammer 2.6.2をリリースしました。


主な変更点は次の通り(リリースノートから抜粋)です。全ての変更点は リリースノート[日本語] をご覧ください。 ソースアーカイブは ダウンロードから入手して下さい。

主な変更点

細かな改善点

  • qmailの解析精度向上とCourier-MTAのバウンスメール対応

修正されたバグ

  • src/etc/Makefileの@sysconfdirマクロが展開されない問題を修正。
  • Kanazduchi::Mail::Bouncedモジュール内でis_rejectedメソッドが呼び出されない問題を修正。

bounceHammer 2.6.2へアップグレードする

ダウンロードページのリンクから bounceHammer-2.6.2のアーカイブ(Tar ball)を入手してください。

bounceHammer 2.5.0以前のバージョンから それぞれアップグレードする場合は次の作業も行ってください。

バグ情報

Version 2.6.2および以前のバージョンのmailboxparserコマンドにバグがありました。 詳しくは 解析対象のファイルサイズが0の場合mailboxparserが終了しないバグ をご覧ください。

Version 2.6.0以降からのアップグレードは上書きインストール後、次の作業を行ってください。

etc/bouncehammer.cfの修正

src/etc/Makefileの@sysconfdirマクロ記述ミスにより、適切に展開されないバグがありました。 プログラムのどこからも参照していない値ですので、この修正は必要ありませんし、 動作にも影響はありません が気になる方はお手数ですが手動にて修正願います。

修正個所はbounceHammerをインストールしたディレクトリ/etc/bouncehammer.cfのdirectory:conf:です。

directory:
conf: '@sysconfdir'

上記の部分を↓のようにインストールしたディレクトリ/etcに修正

directory:
conf: '/usr/local/bouncehammer/etc'

現在の所、この修正個所の値はプログラム中で使用していないもので 動作に影響はありませんが、将来のバージョンで使用するかもしれませんので、 できれば修正願います。